road to architect

広島ー函館 105

最近なぜか、グルメネタが多いような!?食欲の秋だから!?
先週でしたが、義兄に連れて行ってもらったディープな湯の川。
昔、広島ー函館便が飛行機で100分で結ばれていたとか。
湯の川から空港まで5分。たして105。これがこのお店の名前の由来だとか。
湯の川へ行く電車道路に面するこのお店。もうかれこれ40年近くやっているそう。
おすすめはなんと、広島焼き?の上に京都から取り寄せている九条ネギがたっぷり。
柔らかくて甘い九条ネギとソースがまた絶妙に美味い。
e0214433_2025325.jpg
e0214433_2024110.jpg
e0214433_2022922.jpg

その前に行った焼き鳥「かねまる」。焼き鳥もさることながら、
ここの漬け物は天下一品でした。ごちそうさま
e0214433_2032249.jpg

[PR]

# by road-to-architect | 2011-11-06 20:12 | グルメ

函館製造レンガ

今日のお昼は、薪ストーブ 熾壺日記 でお馴染みのファイヤピットさんと、
西園でネギラーメンを食べ、そして金森洋物館の裏にある駐車場へ行くと、
向こうに大きな擁壁の一部が古いレンガになっている所がある。
よ〜く大石さんを見てみると、いやいやレンガを見てみると、、、
e0214433_1905165.jpg

『函館製造』『明治7年』との刻印のあるレンガを発見!!!
そう、昔は上磯や亀田、昭和の辺りで、函館の土でレンガを焼いていた。
噂に聞いていた、あの刻印レンガ!しかも、あっちにもこっちにも。
超興奮!!!刻印もまた様々だ!一個一個のレンガの表情もまた様々!
お腹いっぱいだったのに、ヨダレが出そうな感じでした。
西部地区の”路上観察”は、発見がいっぱいで本当に楽しい。
路上観察隊、隊長の大石さん曰く、楽しめるだけ大人になったんだと。
e0214433_190366.jpg
e0214433_19017.jpg
e0214433_18594338.jpg
e0214433_18593137.jpg

おまけ おかしな植物をいじる隊長。
e0214433_18591534.jpg


皆様も函館の面白い路上観察情報があればコメントお寄せ下さい。
[PR]

# by road-to-architect | 2011-11-03 19:23

「蒲原みどり絵画展」カンディハウス札幌

本日も日帰りで札幌出張でした。今回の寄り道は、、、
「蒲原みどり絵画展」カンディハウス札幌道央支店 。
蒲原みどりさんは、私の師でもある五十嵐淳さんのビジュアルデザインなども担当されていて、
今では、北海道注目のアーティストのひとり。

白と黒、線と面というモノトーンの単純な要素だけで、動物や植物を表情豊かに表現する。
この作風も、光と影、線と面による陰影を使い分ける、現在の五十嵐さんの作風とも相まって、
お互いが、理想的なコラボを実現している。
今回は偶然にも、蒲原みどりさんの個展と出張が重なったのでとても嬉しかった。
カンディハウスは、今や世界的にも認められた旭川の家具メーカーで、
北海道のミズナラを主に使い、クオリティーの高い家具を世界に発信し続けている。
e0214433_23233056.jpg
e0214433_23231299.jpg

そんなカンディハウスのショールームの中に、溶け込むようにして作品が置かれている。
あるべき所に、自然に置かれている。絵画などは特別な存在として置かれる事が多いが、
こちらのフレームレスな作品達は、そんなお堅いフレームを拒むように、
自らの存在を消すかのように、日常の風景のように自然に空間に溶け込んでいる。
建築家は、家具なども建築の一部として、自らデザインするが、
蒲原さんの作品もまた、建築の一部、空間の一部のようだ。
昨日行ったブランヴェールさんも、大畠裕さんの一枚の絵に合わせて空間を作っているが、
蒲原さんの絵もまた、この作品の為の空間を作りたくなる作品だ。
たっぷりの写真で堪能して下さい。行くチャンスのある方は是非足を運んでください。
e0214433_23224419.jpg
e0214433_23223233.jpg
e0214433_23221784.jpg
e0214433_2322580.jpg
e0214433_23215480.jpg
e0214433_23214260.jpg
e0214433_23212877.jpg

e0214433_23324258.jpg

e0214433_23331633.jpg

e0214433_23322496.jpg

e0214433_23211783.jpg
e0214433_2321555.jpg
e0214433_23205149.jpg

[PR]

# by road-to-architect | 2011-10-31 23:53 | アート

ブランヴェール

函館市内から30分も走ると七飯大川にあるフレンチレストランがあります。
                Blanc Vert

七飯の豊かな自然に囲まれ、丹精な空間とそこに置かれるアート作品、手入れの行き届いた素晴らしいお庭、
そのしつらえそれぞれが、お互いを引き立て合い、とてもポテンシャルの高い空間になっている。

そう、こちらの田中シェフは札幌の有名なレストラン『モリエール』にて中道シェフなどと、
共に仕事をされてきた方だったのです。
僕も今から9年程前に、中道シェフのプロデュースした真狩村にある『マッカリーナ』へ
ようやく予約を取って食べに行きました。
こちらは、あのグラフィックデザイン界の巨匠故田中一光と建築界の大御所内藤廣など
もの凄いメンバーをそろえてオープンしました。当時から東京や全国各地からこちらの味を求め
多くのお客さんが訪れ3ヶ月先も予約をとれない程でした。
そこで食べた料理は今でも忘れられない程の、衝撃的な味でした。

こちらのブランヴェール さんが、このブログを偶然見て頂き、コメントまで寄せて頂いて、
ブランヴェール さんのとても美しいホームページを見て、いてもたってもいられず行ってきました。
前菜から最後のデザートに至まで、本当に素晴らしかったです。
よくイタリアンなど行くと、優しいお味と表現するような、定まらない味では無く、
一皿一皿が素材の味をズバリ引き出しているという感じ。とてもインパクトがありました。
今度はゆっくりとワインでも飲みながら味わいたい!!!

そしてお隣のサロンでは、毎週日曜日にマルシェをしていて、美味しいスコーンや
パンケーキや七飯の果物など色々と取り揃えていました。是非こちらも足を運んでみて下さい。
e0214433_12938.jpg
e0214433_115622.jpg
e0214433_114295.jpg
e0214433_112055.jpg
e0214433_1149.jpg

[PR]

# by road-to-architect | 2011-10-31 01:10 | グルメ

鹿部

早朝より、鹿部の敷地に様子を見に行って来ました。
雑木林の中なので、朝日の入り方などはやはり自分の目で確認しておかなければなりません。
それが、想像通りの木漏れ日からの朝日の射しかたで安心しました。
足下にはモミジの幼木がとても可愛らしく、逞しく根付いています。
こちらの森は、長らく放置されていた為と、地盤が火山灰の為、根が浅くとても不安定な
育ち方をしております。この荒れてしまった森も、私達人間の手で責任をもって整備し、
しっかりと管理していかなければなりません。
少し時間をかけて、じっくりこの土地と向き合って計画を立てて行こうと思います。
e0214433_23583576.jpg
e0214433_23572645.jpg

[PR]

# by road-to-architect | 2011-10-31 00:09