road to architect

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


突然ですが、、、

         road to architect = 建築家への道

これまで約1年1ヶ月の間続けてきた、road to architect のブログ。

説明下手な自分に対して、分かりやすい言葉で上手く表現できるようにと課したものであり、

自分が建築家として一人立ちするまでの、道程を記録していこうという思いで始めました。

そうして歩んできた road to architect も、最終章を迎えます。

この度、来年の春より、独立して設計事務所を始める事となりました。

これより先は、road to architect から、『独立への奮闘記』へと舞台を移します。

これは、自分が独立の為に買った一軒の古民家を舞台に始まります。

ささやかではありますが、ぜひこれより先も見守って頂けましたら幸いです。

『拝啓 常盤坂の家を買いました。〜独立への奮闘記〜』 http://togashimasayuki.info/
[PR]

by road-to-architect | 2011-11-24 01:14

 鉄人

鉄に向き合い、鉄に問いかけ、鉄と語らい、鉄に魂を吹き込む。そんな鉄人が函館にいる。杉本 洋鍛冶工房
日々、同じ場所で、同じように目を輝かせながら、鉄に向き合っている。
変わらず情熱を持ち続ける事、ものづくりに一番大切なことを杉本さんの背中は教えてくれる。
そんな鉄人が、この函館にいることを誇りに思うし、負けちゃいられない。
鉄人の目が飛び出るような?ギラギラ輝くようなものをデザインしたい。
e0214433_19504673.jpg

[PR]

by road-to-architect | 2011-11-17 20:27

花結い師

花結い師 TAKAYA
なんとも面白い肩書き。バックグラウンドが京都というから納得ができる。必然から生まれる何かを自分にも見つけたい。
e0214433_2393236.jpg
e0214433_2392267.jpg
e0214433_2391067.jpg

[PR]

by road-to-architect | 2011-11-12 23:20 | アート

煙突のある風景(パクリ)その2

こちら昔からもの凄く気になる建物だったのですが、
ふらっと初めて脇道を通ったら、発見しました!!
そうファイヤピットさんでお馴染みの『煙突のある風景』です。
吉川町の上磯に抜ける大通りに面している、擬洋風の不思議な可愛らしいお家。
レンガの煙突が2本も!しかも可愛いデザイン。
入母屋と寄せ棟の屋根が面白い形でくっついています。しかも菱葺き!雨仕舞い良し!
じっくり見ていると和洋折衷というか、お互いが溶け合っている感じが他にはない所かも。
e0214433_16564272.jpg
e0214433_16562837.jpg


そうそう、20間坂の自由の女神でお馴染み、北村水産?の看板が外れたらしいが、
撤退したのか?!目が離せない。
[PR]

by road-to-architect | 2011-11-12 17:27 | 煙突のある風景(パクリ)

当時を物語る

築80年のとある古民家リノベーションの洋間に掛かっている一枚の絵。
異国情緒あふれる函館の当時の様子を物語っている、切り絵のような彫りの深い一枚。
ライオンと馬の象徴的なシンボルは何を意味しているのでしょうか?
よくよく調べると、こちらは英国の紋章で、ライオンと馬ではなくユニコーンのようでした。
描かれているのは1854年の開港とともに、帆船で来箱した英国貴族と、船乗りたちでしょうか。
今から約150年も前の当時の様子が、今の函館の街とリンクして感慨深い。
e0214433_20535312.jpg

[PR]

by road-to-architect | 2011-11-09 21:33

広島ー函館 105

最近なぜか、グルメネタが多いような!?食欲の秋だから!?
先週でしたが、義兄に連れて行ってもらったディープな湯の川。
昔、広島ー函館便が飛行機で100分で結ばれていたとか。
湯の川から空港まで5分。たして105。これがこのお店の名前の由来だとか。
湯の川へ行く電車道路に面するこのお店。もうかれこれ40年近くやっているそう。
おすすめはなんと、広島焼き?の上に京都から取り寄せている九条ネギがたっぷり。
柔らかくて甘い九条ネギとソースがまた絶妙に美味い。
e0214433_2025325.jpg
e0214433_2024110.jpg
e0214433_2022922.jpg

その前に行った焼き鳥「かねまる」。焼き鳥もさることながら、
ここの漬け物は天下一品でした。ごちそうさま
e0214433_2032249.jpg

[PR]

by road-to-architect | 2011-11-06 20:12 | グルメ

函館製造レンガ

今日のお昼は、薪ストーブ 熾壺日記 でお馴染みのファイヤピットさんと、
西園でネギラーメンを食べ、そして金森洋物館の裏にある駐車場へ行くと、
向こうに大きな擁壁の一部が古いレンガになっている所がある。
よ〜く大石さんを見てみると、いやいやレンガを見てみると、、、
e0214433_1905165.jpg

『函館製造』『明治7年』との刻印のあるレンガを発見!!!
そう、昔は上磯や亀田、昭和の辺りで、函館の土でレンガを焼いていた。
噂に聞いていた、あの刻印レンガ!しかも、あっちにもこっちにも。
超興奮!!!刻印もまた様々だ!一個一個のレンガの表情もまた様々!
お腹いっぱいだったのに、ヨダレが出そうな感じでした。
西部地区の”路上観察”は、発見がいっぱいで本当に楽しい。
路上観察隊、隊長の大石さん曰く、楽しめるだけ大人になったんだと。
e0214433_190366.jpg
e0214433_19017.jpg
e0214433_18594338.jpg
e0214433_18593137.jpg

おまけ おかしな植物をいじる隊長。
e0214433_18591534.jpg


皆様も函館の面白い路上観察情報があればコメントお寄せ下さい。
[PR]

by road-to-architect | 2011-11-03 19:23