road to architect

TRUCK WORKSのポスター

1月に、大阪のTRUCKとBirdに行った時に、奥さんのチョイスで買ってきた
『TRUCK WORKS』のポスターのフレームをお昼休みに作ってみました。

まず、ベニヤにポスターを貼り、ベニヤからフレームを留めて簡単に作りました。
材料は縦に橅(ブナ)の木のフローリングの余り、横に槐(エンジュ)の虫食いの板を使ってます。
TRUCKの自然体のポスターと無垢の木の空気感が、絶妙に解け合っていてカッコいい。

e0214433_20313539.jpg


それにしてもTRUCKとBird coffeeのお店の空間から、商品のひとつひとつまで、その存在自体が既に
オーラを放っていて、今までに感じた事の無い、不思議な空間体験だった。
それは、自然素材の物に囲まれて落ち着く〜、ってもんじゃない。
むしろ、ワクワクしてアドレナリンが出まくる感じ。少年時代に基地を作って遊んだ時の感覚に近い。

それってTRUCKの黄瀬徳彦と唐津裕美 の、楽しくものを作っている時の感覚がそのまま作品に表れていて、
その場の空気まで作っているかの様な感じだった。

まさに二人の人柄がにじみ出ている。ものに二人の情熱が乗りうつっているのを感じた。

建築や家具やものも、素材も大事だけど、何よりもその情熱や愛情が大事なんだな。

う〜ん。。。
[PR]

by road-to-architect | 2011-04-16 21:22
<< 楡の床 函館 第5回 茶の湯文化にふれ... >>