road to architect

いたわり

現場はいよいよ外壁の仕上げ工事に入りました。

ラウンジ棟、スタジオ棟の1階は杉板の縦羽目張りになります。
昨日は、板割り(板の割り付け)を出し、目地板(板の継目になる下地=通気層になる部分)を取り付け、
仕上げの杉板を張り始めました。この杉は道南杉(木古内産)ですが、
目が積んでいて、とても良い目が出ています。

中でも良いものを厳選し、道路側を優先に良いものを張っていきます。

今週中には張り終わると思います。仕上がりが楽しみです。

e0214433_15192048.jpg
e0214433_1515376.jpg


地震の被害はますます深刻になって来ていますね。

一人でも多くの人が助かることを心から願っております。
[PR]

by road-to-architect | 2011-03-13 15:34 | Ostudio
<< 杉板張り 見たことの無い光景 >>