road to architect

ハウスラッピング

今日も天気が良いのに風が冷たく寒かった。
外断熱の断熱材がようやく張り終わり、朝からタイベックを張りました。
e0214433_2042468.jpg

e0214433_2024088.jpg

タイベックに印字されたハウスラップという文字。
その名のとおり、建物の床以外を丸ごと包み込むようにこのシートで覆います。ラッピングです。
通称「透湿防水シート」と言われるタイベックは、超極細の繊維で出来ていて、
水をハジクが、壁の中に溜まった湿気を逃がすことのできる優れた性質がある。
通気工法と呼ばれるものは、このシートの外側にその湿気を逃がす空気の層を設ける工法で、
この建物も通気工法で仕上げる。

今ではほとんどの住宅などで使われていて、無くてはならない存在。
そのため、とても重要な工程になっている。基本的な張り方を忠実にしっかりと施工しないとならない。
一般的には幅1mのロールのものを使うことが多いが、ここでは3mものを使っている。
というのも、このシートは建物の気密性を決定する重要なものでシートとシートのジョイント全てを
防水テープで密着させ、水の浸入と空気の流れをシャットアウトしなければいけないので、
幅の広いもので一気に包む方が、ジョイントと手間とリスクが少なくて済む。
ここまで張り終わると、多少の雨にあたっても安心です。
e0214433_2023035.jpg


今日は、仲良くさせて頂いている友人から青森のお見上げに大好きな田酒を頂きました。
お酒の事が分からないのにこちらをチョイスするなんてツウですね。
なかなか飲めない地酒をありがたいです。美味しくいただきます037.gif
e0214433_2021348.jpg

[PR]

by road-to-architect | 2011-03-02 20:47 | Ostudio
<< 小雪 外断熱 >>