road to architect

TRUCKへ行って来ました。

大阪、京都の旅を終え今日帰って来ました。すこしづつレポートしていきます。
まず初日の夕方、関空に着き大阪のTRUCKに寄り道し、京都に向かいました。
e0214433_2321211.jpg

e0214433_2316129.jpg

e0214433_2325559.jpg

e0214433_2334592.jpg


TRUCKはFURNITUREもBIRD COFFEEも最高でした。
ちょうど行った日はケンタロウが来ていて、黄瀬さん&唐津さんと打合せ中でした。
店の外には何やら警備員がいて写真を撮らないように警備していて物々しい雰囲気でした。

FURNITURとBIRDは道を挟んで向かい同士になっていて、共に3階建ての様子。
まずはFURNITUREへ。外階段を上り、大きな扉を開けるとそこにはTRUCKワールドが広がっていました。
思った以上に広い店内で天井も高い。無骨な窓のフレーム、新築とは思えない位ワイルドな空間。
その中にTRUCKの世界が散りばめられています。一本の筋を通した店のコンセプトが見て分かります。
新しいのに時を感じる、新しいのに使い込んだかのよう、やさしく暖かな空間に包まれとても癒されます。

その後、BIRDへ移動し晩ご飯を頂きました。ケンタロウのプロデュースした食事で味覚でもTRUCKを味わえます。
入り口を入ったところはガラスの屋根が掛かりとても開放的。とても大きなレトロな薪ストーブが鎮座する。
店の真ん中には、かなりゆったりとしたセンターテーブルがあり、それを囲むようにコの字にテーブル席、
一方にオープンキッチンがあります。もちろん家具から食器、照明、インテリアなどすべてオリジナル。
こちらは五感のすべてでTRUCKが味わえます。

あらためてTRUCKのファンになり、いろいろと勉強させて頂きました。

本当に自然体のTRUCK。。。みんなに愛される理由が分かった気がします。


また行きたい。
[PR]

by road-to-architect | 2011-02-02 23:48 | 京都
<< 京都建築探訪-1 東本願寺〜西... 京都の建築行脚へ行ってきます。... >>